トリプルエーサービスの日々の業務日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MS「4.11Windows Vistaサポート終了」
vista.jpg

Windows Vista SP2のサポートが、2017年4月11日で終了します
これにともない、WindowsUpdateや各種ウィルスチェックソフトの
定義ファイルの更新も終了します

あと1か月を切りましたので、まだ、OSのアップグレードを
済ませてない方は、これを機に、Windwos7やWindows10への
切り替えをされてはどうでしょうか?

尚、オフラインで使用されるならば、ほぼ安全ですので
そのままで行けます
スポンサーサイト
MS「月例パッチ(Windows Update)の事前通知制度を廃止」
BrandLogoTechNet.jpg

マイクロソフトは1月8日、月例セキュリティ更新プログラム(パッチ)の
事前通知サービスを一部取りやめると発表しました

Microsoft Updateの啓蒙のための施策でしたが
十分認知が進んだため、廃止するようです

ただし、プレミアサポート利用客に対しての
通知サービスは継続するようです

Windows Updateは自動更新設定にしていれば
自動で更新されますので
たいした影響はありません
MS「IE脆弱性に対応する修正パッチの緊急配布」
IE9_Logo.jpg

Microsoftは、5月1日、Internet Explorer 6以上の
全バージョンに影響する深刻な脆弱性に関して
定例外セキュリティー更新プログラム提供を開始しました

ユーザーが設定を自動更新にしていれば
Windows Update、Microsoft Updateを介して
自動的に該当更新プログラムが適用されます

この脆弱性に関しては4月26日に脆弱性が発見されて以来
Internet Explorerの一時使用停止を呼びかけていたものです

尚、4月9日にサポートが終了したWindows XPユーザーに対しても
更新プログラムが「例外的に」提供されたそうです

それだけ、深刻なセキュリティーホールになりうる不良だった
ということです

即時適用をオススメします

MS「Windows xp サポート終了」
xp1.jpg

Microsoftは、4月9日、Windows XP のサポートを終了しました
今後は新たな脆弱性が発見されても修正プログラムは配布されません

まだ、XPを使用されている方は、Windows8.1への移行を
おすすめします  

また同時に、以下のソフトもサポートを終了してます
・Internet Explorer 6
・Windows XP 上のInternet Explorer 8
・Office 2003
・Microsoft Security Essentials
Windows xp サポート終了まで、あと半年
do_nork02.jpg

来年の2014年4月9日についに伸び伸びとなっていた
Windows XPのサポートが終了します
本来、2009年に終了する予定だったWindows XPの
サポートは、結局、5年間の追加延長されています

また、毎度話題となるOSの移行ですが・・・
当然、企業では進んでいません

「独自アプリの互換性」が一番の理由と思っていましたが
意外なことに、「サポート終了によってどのような弊害があるのか分からない」
ということが一番の理由でした

サポートが終了すると、OSのセキュリティーが保てません
新たに発見されるセキュリティーホールを突いて
ウィルスやクラッカーにやられてしまいます

これは、鍵はあるけど鍵を掛けていない扉と
同じ状態です

インターネット接続しているPCならば
必ずWindows7以降OSに移行して下さい

ウィルス感染した場合のトータルコストを考えれば・・・
移行した方が断然お徳です
ご一考を

■ニュースソース
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1310/15/news098.html
MS「Windows xpサポート終了まであと1年」
無題

来年の2014年4月8日をもって
MSのWindows xpのサポートが終了します

合わせてWindows Updateも更新されなくなりますので
実際にインターネットに接続して使用されている
ユーザには他OSへの移行が必須となります

みなさん、これから準備をしておくことを
オススメします

■MSの告知サイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx
MS「Microsoft Office 2010 Service Pack 1公開」
office10sp1.jpg

マイクロソフトは、6月27日に「Microsoft Office 2010 Service Pack 1」を
公開しました。

WindowsUpdate経由でインストールすることができます。

これまで公開されてきたすべて更新プログラムや
未公開の新しい修正プログラムが収録されており
安定性・パフォーマンス・セキュリティを強化することが
できます。

必ず、updateを実施して下さい。

■ダウンロード(32bit版)
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=9d2e1282-8b69-418b-afa0-9f61239ec8be

■ダウンロード(64bit版)
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=e9f3c2d0-c321-4910-a4ce-b2f294b42d65
情報セキュリティについて楽しく学べる「セキュリティ投資すごろく」
secu.jpg

NTT西日本の「セキュリティ投資すごろく」は
すごろくゲームで遊びながら情報セキュリティについて
学べるという無料ゲームです。

情報セキュリティ対策の基本的な知識や考え方を
遊びながら覚えることができます。

企業の新人向けの教育資料としてピッタリです。

尚、ネチケットについてはディズニーの「ネチケットを学ぼう」が
とてもわかりやすいです。

■セキュリティ投資すごろく
http://www.ntt-west.co.jp/solution/solution/category/ntt_sugoroku.html

■ネチケットを学ぼう
http://www.disney.co.jp/netiquette/
セキュリティー対策ソフト性能比較
security2011.jpg

数あるセキュリティー対策ソフト(有料版)ですが
一体どれがいいのか、迷います。

そんな中、実際に動作させてレポートしている記事
IT Media +Dにありましたので紹介します。

しかも、インストール後のPC性能実測値についても
詳細なレポートがありますので、大変参考になります。

比較している製品は以下、7製品の通りです。
・NIS 2011
・G Data 2011
・PC Tools 2011
・ESET V4.2
・ウイルスバスター2011
・KIS 2011
・マカフィー 2011

気になる順位は・・・記事を参照願います♪

■2011年版セキュリティソフト徹底比較(第2回)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1011/16/news028.html
Adobe「Flash Playerのゼロデイ脆弱性に対応した修正版公開」
flash_20101106152359.jpg
 米Adobe Systemsは、11月4日、Flash Playerに発見された脆弱性を
修正した最新版となるバージョン「10.1.102.64」を公開しました。
直ぐにアップデートすることをオススメします。

 悪用が確認されている脆弱性は、Flash Playerに同梱されている
「authplay.dll」コンポーネントに存在するもので
この脆弱性によりクラッシュが引き起こされ
攻撃者にシステムを乗っ取られる危険性があるそうです。

尚、Adobe Reader/Acrobatを通じてこの脆弱性を悪用する攻撃が
報告されているため、Adobe Reader/Acrobatの対策版バージョンが
11月中旬に予定されています。こちらのアップデートもお忘れなく!

■ダウンロード
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。