トリプルエーサービスの日々の業務日誌
東芝「初の一体型PC dynabook Qosmio DX」
tos01.jpg

東芝から初となる一体型PCであるdynabook Qosmio DXが
6月25日に20万円前後の価格帯にて発売されます。

各社それぞれ一体型PCが発売されています。
人気の高さが伺えます。
やはり、リビングPCが普及帯に入っている証拠でしょう。

■メーカー:東芝
■モデル:dynabook Qosmio DX
■OS:Windows 7 Home Premium(32bit版/64bit版選択式)
■CPU:Core i5-450M(2.40GHz)
■メモリ:4GB
■HDD:1TB
■光学ドライブ:Blu-ray Disc/DVDドライブ
■液晶:21.5型(1,920×1,080ドット)
■インターフェース
・地デジチューナ
・HDMI入力
・D4入力
■サイズ:約531×190×405mm(幅×奥行き×高さ)
■重量:約8.5kg
■付属品:リモコン、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスなど

■製品情報
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_06/pr_j2101.htm
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック